横浜市旭区の歯医者さん 岩並歯科クリニックの予防歯科

歯のトラブル、気付いてからでは遅すぎます

cure_prevent_01.jpgこれまで歯科医院には「歯が痛くなった時に行く」と考えられてきました。しかし、歯は治療するたびにダメージを蓄積しもろくなってしまいます。ご自分の歯を長く使うためには、発症する前に予防するのがいちばん。近年では、歯科医院は「予防のために行く」という考え方が広まっています。

予防歯科を受診すれば、虫歯や歯周病などの歯のトラブルを未然に防げ、天然歯を削ったり抜いたりしなくて済みます。皆さんもこれまでの認識を変え、積極的に予防歯科を受診しましょう。

 

予防歯科の重要性

私たち日本人のほとんどは、歯科医院の役割が治療だけだと思っています。しかし、そう思っているのは、日本人だけのようです。今や世界では予防のために歯科医院を利用することが当たり前になっているのです。

予防歯科のポイントは、定期的に通うこと。定期的に口腔内のチェックを行うことでお口のトラブルやその兆候を見逃さず、もし治療が必要になったとしても、早期のうちに対処が可能。ダメージを最小限に抑えます。

さらに、専門的な予防処置で口腔内の衛生状態を常に一定に保ちます。予防歯科はお口のトラブル回避にとても大切な役割を果たしているのです。

 

定期検診を受けましょう

cure_prevent_02.jpg当院の予防歯科では定期検診を積極的にすすめています。医師が患者さんの口腔内をくまなく診察し、虫歯や歯周病、そして咬み合わせのチェックを行い、前回の検診時との違いがないかを確認。専門的なクリーニングや必要に応じた予防処置を行います。

また、ご希望の患者さんには生活習慣の指導も行い、適切なアドバイスをします。定期的に生活習慣を見直すことも、歯の健康にはとても大切です。歯の病気のリスクを回避するため、キレイな状態を保つためにも、定期検診は一定の間隔できちんと受診しましょう。

 

 

岩並歯科クリニックの予防歯科処置

ブラッシング指導

cure_prevent_03.jpg「ちゃんとブラッシングしているのに虫歯になってしまう」という方は、正しいブラッシングができていないのかもしれません。実はブラッシング方法は、歯の生え方や状態によって1本1本異なるのです。当院では患者さんの口腔内に適したブラッシング方法を指導しています。自己流のブラッシング方法は磨き残ししやすいもの。正しいブラッシング方法を身に付けて、お口の健康を守りましょう。

 


フッ素塗布

cure_prevent_04.jpg歯の表面は、硬いエナメル質で覆われていますが、一度虫歯になるとそのエナメル質は溶け、内部へと虫歯が進行していきます。フッ素には歯質を強化する働きがあるため、歯の表面に直接塗布することで虫歯に強い歯にできます。また、歯の再石灰化を促進する作用もあるため、ごく初期の虫歯の治癒にも役立つことがわかっています。

 

 

PMTC

cure_prevent_05.jpg

PMTCとはProfessional Mechanical Tooth Cleaningの略で、医師などの専門家が専用の器具を使って行う歯のクリーニングのことです。歯と歯肉の間や歯と歯の間のプラークは、セルフケアだけでは完全に除去できず、徐々に口腔内の衛生状態を低下させてしまいます。定期的にPMTCを行うことで、歯を徹底的に清掃し、よいコンディションを保ちます。